• Noriko Sugihara

ずっとパソコンやスマホをしている時に出てくるからだの不調は


長時間、スマホやパソコンを使用している時に、

・めまいがしてくる

・頭痛がする

・吐き気がする など

このような症状が出たことはありませんか?


ご来店いただいた40代女性のお客様。

お仕事で1日パソコンを使用されている方です。

常に首にコリを感じていて、

肩はコリを通り越して痛みを感じている、

頭痛もする、

めまいがしてふら~とすることがある、

という症状がありました。

胸鎖乳突筋と僧帽筋の緊張が強く見られていました。



首まわりや肩まわり(胸鎖乳突筋や僧帽筋など)を、頭蓋調整を含めた全身調整をさせていただき、

調整後は

「頭痛がない」「すっきりしました」

とお声をいただきました。

定期的に全身調整をさせていただくことで、ガチガチに硬かった首、肩まわりがやわらかくなり、頭痛の頻度もだいぶ減っている、とのことでした。




肩を巻きこみ、うつむく、背中を丸めるの3点セットの姿勢はストレートネックになりやすくなります。

ストレートネックは、

首には7つの骨があって、前方にカーブを描いているのですが、首のカーブがうしなわれてしまっている状態です。


頭の重さは5~6kg、スイカと同じくらいの重さです。

首を30度前に傾けると15~18kgもの重さが首まわりの筋肉に負担がかかります。

首と自律神経はすごく大切な関係です。


自律神経は迷走神経(第10脳神経)と関わってきています。

迷走神経は、肺や心臓、食道、胃などのお腹の臓器の諸器官に分布しています。運動神経・感覚神経および自律神経を含み、知覚・運動・分布を支配しています。


首コリ肩コリの原因にもなる胸鎖乳突筋と僧帽筋は、副神経(第11脳神経)と関わっています。




迷走神経も副神経も、脳幹の一部である延髄の側面から出て、頸静脈孔(頭蓋内と頭蓋外を交通するあなの一つ)から出ていきます。


ストレートネックであったり、頚椎(特に上部の方)にゆがみがある

    ⇩

頸静脈孔の圧迫が起こる

    ⇩

後頭下筋群や胸鎖乳突筋、僧帽筋に強いコリが続く

    ⇩

迷走神経の機能低下、自律神経が乱れやすくなる


すると…

・首、肩こり

・血圧が下がってふわーっとする、血の気がひく

・めまいがする

・気分が悪くなる

・冷や汗が出る

・頭痛がする

・耳鳴りやめまいがする

・夜眠れない    

などなどの症状があらわれます。


スマートフォンやパソコンの時の姿勢がまさにそうです。









長時間そのような姿勢でいる時には、

時々(できれば15分に1度は)、反対の姿勢をするといいです.


・顔を上げる

・胸を開く

・背すじを伸ばす

空を見上げて深呼吸、外の自然の音に耳を傾ける

画面から離れて『今この瞬間』を感じる


ぜひおすすめです。


自律神経は脳から全身に張り巡っていて、首は脳と全身をつなぐ大事な場所です。

今日も重要な橋渡しをしてくれている首に感謝ですね。



注意⚠️病気が隠れていることもあるので、

・血の気ひく、気分が悪くなる、視界がぼやける・暗くなるなどの前ぶれなく急に失神する

・横になって休んでも症状が改善しない

・胸に痛みや息苦しさを感じるなど他の症状がある

その場合は医療機関を受診した方がいいこともあります。

我慢せずにおからだ第一で、受診して診てもらってください。



最後までお読みいただきありがとうございました。




公式LINEのお友だち追加を募集しています!


公式LINEでは月に2~3回、お店からのお知らせや健康に関する豆知識などを配信しています。

お友だち追加をしていただいた方に500円OFFのクーポンをプレゼントしています。

お友だち追加はこちらからできます。

↓ ↓ ↓



ご予約はお電話か、LINEもしくは公式LINEで承っております。

080-8087-2901

営業時間内で、施術中や所用などで電話をお受けできない場合があります。

着信履歴があれば折り返しお電話いたします。

LINEは24時間受け付けておりますが、お急ぎの時はお電話でのご連絡をお願いいたします。


#新潟県新発田市 #整体 #すぎのはら整体院 #整体師 #看護師 

#全身調整 #自律神経調整 #頭蓋仙骨療法 #内臓調整

#ストレートネック #脳神経 #自律神経 #スマートフォン #パソコン

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示