頭蓋骨その1 側頭骨はトラブルメーカー

更新日:5月4日



私は月に2回開催されている五楽塾のセミナーに参加しています。

冬休みを挟んで今月から後半の部が始まりました。


頭蓋骨は15種類で23個の骨が寄せ集まって縫合と呼ばれる一種の関節において連結しています。

頭蓋骨のゆがみは脳神経もしくは脊髄神経のゆがみへと移行します。わずかな脳の位置異常は様々な不調があらわれます。医療検査では原因不明とされる不調の要因となっていることもあると考えられています。


頭蓋骨の中でも側頭骨はトラブルメーカーです。歪みやすいのです。

側頭骨は耳の直下にある骨です。側頭骨(下の写真のオレンジ色の部分)の周りにある蝶形骨(赤色)、頭頂骨(緑色)、頬骨(紫色)、下顎骨(白色)と関節で連結していて、これらの骨も一緒に歪んでしまうこともあります。

側頭骨の調整をすることで、聴覚異常や平衡感覚の異常の改善や、脳の血液循環がよくなる効果もあります。

骨盤も整い、腰痛が改善されることもあります。頬骨、下顎骨も調整するため、顔がシンメトリーになり整顔効果もあり、鼻の通りもよくなったりもします。

調整をやってみて、受けてみて、

・目がパッチリ開く

・頭がすっきりする

・鼻づまりがよくなった

・顎関節の痛みが軽減した

・骨盤のゆがみが変化した

という効果がすぐにわかりました。さっそく調整の中に取り入れていきたいと思います。

花粉症の方には辛いこの季節、お客様への調整でも行っていきたいと思います。


#頭蓋調整 #側頭骨調整 #耳鳴り #めまい #中耳炎 #顎関節症 #鼻炎 #花粉症

#すぎのはら整体院 #全身調整 #頭蓋調整 #自律神経調整 


7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示