腸と免疫


今回は、腸と免疫とアレルギーのお話しをしたいと思います。


腸は食べ物から体に必要な栄養分や水分を吸収し、最終的には不要物を排泄するまでの役割を担っています。腸は食べ物だけではなく、それと一緒に病原体やウィルスなどが常に入り込む危険性のある場所です。そうした外敵の侵入を防ぐため、腸は免疫細胞を大集結させ健康を保っています。

腸内細菌は腸の壁の表面付近に住んでいて、人間が食べたものを栄養源にして、互いに競い合い、助け合いながら腸内フローラを形成しています。腸の壁の内側には免疫細胞がいます。腸は全身の免疫細胞の7割も寄せ集めています。


腸内細菌のクロストリジウム菌の仲間の中の、ある特定の種類が少なくなるとアレルギーなど免疫細胞が過剰に働くことで起こる「免疫の暴走」が起こることが研究でわかったそうです。

本来、身体を守るはずの免疫が暴走をすると、花粉やダニ、ハウスダスト、食べ物、薬物などが体内に侵入してきたときに過剰に反応してアレルギー症状を引き起こしてしまいます。また自分自身の正常な細胞まで「敵」とみなして攻撃し、深刻な病気に発展することもあります。


免疫細胞にも攻撃役だけではなくブレーキ役も存在していて、暴走している免疫細胞に「落ち着いて!」と暴走を抑えてくれるものもあります。それが、クロストリジウム菌と関係しています。

クロストリジウム菌は食べ物のかけらに取りつくとそれを分解して「酪酸」を盛んに放出して、Tレグと呼ばれる免疫のブレーキ役を生み出しているそうです。


どうしたら、クロストリジウム菌を増やせるか。

それは食物繊維を多く摂ることです。

食物繊維を多く摂るとクロストリジウム菌は盛んに酪酸を放出して、Tレグと呼ばれる免疫のブレーキ役を生み出されます。

腸内環境を整えるために、クロストリジウム菌を増やすために、食物繊維を摂ることが大切なのです。


食物繊維には、水分を吸収して膨らむ「不溶性食物繊維」と、水に溶ける「水溶性食物繊維」があります。

不溶性食物繊維は便の量を増やして腸を刺激し、水溶性食物繊維は便を柔らかくするので便秘の解消に繋がります。

食物繊維の摂取量は、厚生労働省の国民健康・栄養調査によると、日本人の1日当たりの食物繊維摂取量は、1947年には27.4グラムだったのが、2016年には14.2グラムとなっています。半分近くにまで減っています。厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2020年版)」によると、男性は21グラム以上、女性は18グラム以上が1日の摂取目標量とされています。現状では足りていない日本人が多いようです。


日本の和食は、食物繊維が多く含まれる食材がたくさんあります。積極的に食べたいものを、覚えやすくしたものがあります。

『まごはやさしいよ』

…まめ 大豆製品などの豆類。豆腐、きなこ、高野豆腐など

…ごま 種実類。ピーナッツ、アーモンド、栗など

(わ)…わかめ 海藻類。のり、昆布、寒天など

…野菜

…さかな 魚介類

…しいたけ きのこ類

…いも いも類。じゃがいも、さつまいも、長芋、こんにゃくなど。

…ヨーグルト 発酵食品。味噌、キムチ、醤油など


この食材は、冷え症対策にもダイエットにもとてもよいと言われています。これから年末年始でご馳走を食べる機会が多くなります。『まごはやさしいよ』もぜひたくさん食べて、腸内環境を良くしましょう。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


#腸 #腸内細菌 #免疫 #免疫の暴走 #アレルギー #自己免疫性疾患 #食物繊維 #和食 #冷え #ダイエット 

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示